2009年07月03日

7月2日の男弁当は豚のしょうが焼き弁当

7月2日の男弁当は豚のしょうが焼き弁当
TS380317.JPG
男子弁といば、人気NO1かもしれないという、しょうが焼き弁当ですね。やはり冷えても旨いというのがいいところですが、今回はキャベツではなく、たまねぎにしました。
【たまねぎと豚のしょうが焼き簡単レシピ】
弁当ということで、朝作りますし、極力手抜きで時短できるものということで、漬け込まないしょうが焼きです。

1・まず、たまねぎを短冊にきっておきます。
2・最初に豚肉のこま肉を焼いていきます。油は要りません。
3・次に、たまねぎを炒めていきます。
4・全体にしんなりしたら、市販のしょうが焼きのタレを入れます。
5・しょうがのチューブ式のものを少しいれ、かき混ぜていきます。
6・火を止めて、フライパンに蓋をします。
7・5分放置、で完成です。
べんとう箱にいれるだけと簡単です。

注意点
 玉ねぎは結構傷みやすいです。なので、最後は蒸し焼きにすることで中まで加熱することやタレをここでしみこませるようにします。
 
 チューブ式のしょうがは、100円ですし、市販のタレだと若干しょうがが弱いので、やはり入れたほうがいいですね。

市販のタレは若干甘いですが、漬け込まないしょうが焼きの場合にはもってこいで、ちょうどいいです。


豚のしょうが焼きですが、ビタミンB1も多くふくみ、しょうがで食欲増進、たまねぎで血液を綺麗にする効果があるので、まぁ単品ながらも満足できるかと思います。

また、野菜ジュースでたりない野菜を補うことも重要かなぁと。
ぶたみんパワーで熱い夏を乗り切りましょう。


posted by たつじぃ at 00:39| Comment(0) | 男弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。